響17年(ミニチュアサイズ)を飲んだら人生の価値観が変わる旨さだった

念願のお酒レビューがこんな題名でいいのか

響17年をやっと手にいれました。

日本産高級ウィスキーとしてはかなり無難っちゃ無難ですが、一度飲んで見たかったんです。

やっと飲む事が出来ます。

ミニチュアサイズだけどな!!

響17年とは

そもそもこのページに検索で辿りついた人にとっては今更感あるかもしれないけど一応。

響17年

サントリー創業90周年を記念して1989年に新発売。酒齢17年以上の長期熟成モルト原酒を厳選・吟味し、酒齢17年以上の円熟グレーン原酒とブレンド。後熟にもたっぷりと時間をかけました。多彩な原酒が一糸乱れぬ絶妙の調和のもとに深く豪華なハーモニーを奏でているのは、サントリー伝統のブレンド技術の賜物です。

テイスティングノート

エステリー(甘く華やか)で豊かな熟成香。山崎の長期熟成モルトによる、気品あるウッディネス(熟成木香)。まろやかで厚みのあるコク。余韻の豊かなアフターテイスト。

やや濃い琥珀色
香りバラ、ジャスミン、桃、メロン、バター、バニラ、伽羅香
味わいカスタードクリーム、ミルクキャラメル、 ほのかな甘さ、軽快でなめらか
余韻甘く華やかな果実香、心地よい余韻

引用元:響17年 響-サントリーブレンデッドウイスキーの最高峰-サントリー

まあこんな感じで、一言で言うとむっちゃ美味い酒です。(超大雑把)

レビューってこんな感じでいいのか……

ちなみに響には他にも様々なラインナップがありまして、

Japanese Harmony、17年、21年、30年などがあります。 年数は酒齢を表しています。
(Japanese Harmonyのみノンエイジ)

今回僕が飲んでみたのは2番目に若いお酒です。

肝心のお値段がポンッと出せる値段では無い……

んで、他のレビューサイトとか見てみても随分高評価を得ているようなので、

ご「よし!最初に飲むのは響17年に決めた!どれどれお値段は……」

24,950円+送料(2017年11月21日現在で700ml+ケース付きの場合です)

ご「・・・う、うわあ・・・ああ・・・ああああああああああ(イスから転げ落ちる)」

まあこんな感じでした。いやマジで。

ミニチュアサイズとかいう一筋の光明

最初は諦めようとしました。でも一度決めちゃうとどうしても気になっちゃうんです。そこでもう少しいい手は無いかと思って探してみると、

ミニチュアサイズ……

安い(小並感)

しかもかわいい(小並感)

買ってきました。(即決)

いきなり医療器具が出てきてすみません。多分ライターとかIphoneとかの方が大きさ比較にはいいのでしょうけど、我が家にそんなおしゃれな物はありません。体温計でがんばります。

ちっさいですよねー。内容量は50mlです。普通サイズの14分の1…。

お味の方は?

おまたせしました、肝心のお味の方に参ります。写真がダサくてすみません。しかもロックな氷を用意する事が出来ずすみません。でも飲みます。

このグラス一杯で大体300mlくらいです。でもミニチュアサイズの内容量は50mlです。

かなり氷で盛ってます、すみません。でも飲みます。

一口含んで、「ん?そんなんでも……」と思った次の瞬間に甘みがぶわっと口全体に広がってきます。甘みがソニックブームのように後からついて来る感じ。そして最後にすっきりとした味わいが残って、

ご「旨いな、これ(小並感)」

というのがお酒素人の素直な感想です。

安酒飲み・貧乏舌の自覚はあるのですが、ここまで衝撃的な体験ができたウィスキーは今までありませんでした。やはり味と値段は比例するという事でしょうか。

17年でこんな感想ですから30年なんて飲んだ日にはあまりの旨さに卒倒するかも。

やっすいウィスキーは後味によくわからんような渋みというか、そういうのがあるのですが、これにはそういった物はありませんでした。公式の説明通り、心地よい余韻が喉の奥まで満たします。

後、かなりフルーツの風味は強いですね。ココらへんはちょっと好みが別れるかも。

一杯で野口英世が1~2枚吹っ飛んだけど

僕は今回、このミニチュアサイズをビックカメラのお酒コーナーで購入しました。購入時期は2017年11月初旬、値段は1000円強だったと思います。

つまり上の写真に写ってるグラスが1000円強もする訳です。

一杯=1000円強の酒

700mlよりかはマシですが、それでもこのお値段でした。飲む時はちょっと緊張しましたね。そんなに高いお酒を飲むのが初めてだったので。

でも、実際に飲んでみて正解でした。大満足です。むしろまた買いたくなりました。

正に「至福の一杯」です。これの為だけに日々を頑張れるような美味さ。

価値観や生き方すら変わるのではと思えました。大げさかな!

『ミニチュアサイズ』というのがミソで、貴重な一杯感を高めています。

ちなみにこのミニチュアサイズのボトルはインテリアとしても結構良さげだったので飲んだ後はキッチンに飾りました。かわいい。

まとめ

今回は『響17年』をレビューしてみました。とりあえず10月の収益報告で言っていた「やりたい事リスト」一つ目は完了です。

詳細はこちら↓

でもお酒のレビューはこれからも続けていきますよ。

ではまた。