ゆうちょ銀行の口座を2つ持ってみた

「ゆうちょ口座 2つ」で一番上に出てくるページが2013年ってのはどうなのよと思って

口座を用意するのにすらビビるアフィカス

「アフィリエイト 準備」とgoogle先生に聞いて周っていると、税金や確定申告を扱った記事を見つける事があります。その中に、「アフィリエイト用の口座は必ず作っておきましょう!確定申告の際にがラクですよ!」みたいな記事をちらほら見ます。そこでASPの最低支払額や振込手数料一覧を調べます。

多分↓ここが分かりやすくて情報も新しいです。

ASP毎の、 最低支払額 振込手数料 のまとめ。(自分用) まとめ(表) 成果報酬系(オープン系) 誰でも登録…

今はメジャーなASPは振込手数料が無料がほとんどですね。その中で目についたのが、A8.net の振込手数料です。無料ではない、のはまだいいのですが、

ゆうちょ銀行

全国一律30円

三井住友銀行

3万円未満:渋谷駅前支店105円/その他の支店210円

3万円以上:渋谷駅前支店216円/その他の支店432円

その他の銀行

3万円未満:540円

3万円以上:756円

なんだこの手数料格差

こんなのゆうちょ一択じゃん…

上記のサイトではゆうちょ銀行はあまりオススメされませんでしたが、僕の場合、ゆうちょの使い勝手に慣れているのと、大きな規模の郵便局が近くにあること等色々と環境が良かったので、ゆうちょ口座を使う事にしました。

ここから本題なのですが、僕は既に普段使い用に自分のゆうちょ口座を持っています。

今回は口座を別けようという訳ですから2つめの口座を作ろうとするのですが、google先生に聞いてみて一番上に出てきた検索結果がこちら

すでに他の方が回答されているように、郵便貯金は、以前は一人1口座のルールだったのですが、民営化された今はその制限は撤廃されました。ただ、口座開設はあくまで契約の締結なので、相手方であるゆうちょ銀行がいやだといったら、それまでです(かりに口座を一つも持っていない純新規であっても、口座開設を断られることもあり得ます。それに対して文句は言えません)。
幸いなことに、郵便局はあちこちにありますので、ダメだと言われたら、別の郵便局でトライすればいいでしょう。
なお、いまは郵便貯金も名寄せが済んでいますので、すでに口座が開設されているかは、どこの郵便局でも簡単に調べられてしまいます。
ちなみに、二つ目の口座が要る理由としてよく言われるのは、貯蓄用と日頃の生活用を分けたいといった事情でしょうか。これで通してくれるかどうかは、窓口の係員次第ですけど。
知らんぷりして、何度でもトライするしかないと思います。頑張ってください。

引用元:ゆうちょ銀行の口座が二つ欲しい – 預金・貯金 解決済 | 教えて!goo

なんだこの根気入りそうな回答

 そんな不安を覚えながら、それでも行動してみなきゃなーって事で窓口へ特攻。

窓口のお姉さんに助けてもらうアフィカス

郵便局に入る。番号札を持って呼ばれたら窓口へ。

まず、基本的には1つしか持てないと速攻で説明される。

だが明確な理由があれば作る事は可能ですとも言われ、なんとかなりそうだなと一安心。自分の場合は今の口座は生活費用に使い、仕事用と口座を別けたい、という旨を伝えて無事に承諾されました。

口座開設に最低限必要な書類は最低↓の2つ

  • 顔写真付きの本人確認書類
  • 印鑑

本人確認書類が何を指すのかは下記の公式サイトを参照して下さい。

運転免許証やマイナンバーカードがあれば一発で行けそうですね。

僕の場合は、顔写真付きの住民基本台帳カードを見せました。

保険証年金手帳は追加の提出書類が必要なので注意して下さい。

記入事項とか色々

新規口座開設用の用紙と、 口座の使用用途を記入する用紙を窓口の人から渡されますのでそれぞれ書いていきます。

新規口座開設の用紙には以下の項目を記入していきます。

  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • 上限額の設定
  • キャッシュカードの利用の有無

また、キャッシュカードを利用する場合は

  • 通常版(ICチップ型のやつ)
  • suica機能付き
  • JP BANK機能付き(要するにクレジットカード)

の3つから好きなタイプを選べます。僕は素直に通常版を選ぶ事にしました。

通常版以外はお届けまでに追加である程度の日数が掛かります。なるべく早めにカードが欲しい方は通常版を選ぶといいでしょう。

次に通帳のデザインを選びます。というか久しぶりの口座作成で、通帳のデザインを選べる事すら知りませんでした。

3種類から選べるとの事。とりあえず今持っている方の通帳は緑色なので、被らないように(尚且つかっこいい)という理由で黒色の通帳を選択。

ちなみに、上限額を記入する際に注意があります。

上限額は一人あたり総額1300万と決まっています。しかし元から持っている方の口座の上限額が1000万に設定されているため2つ目の口座の上限額が300万になってしまうとの事。

上限総額1300万-元々の口座の上限額=300万

正直今の自分にとっては雲の上のような額ですが、今作ろうとしている口座にアフィリエイトの報酬入金を全て行いたかったので、将来の為(+願望の為)に上限額の設定を変更します。

まず、元の口座の上限額を1000万→300万に変更。そうすることで、2つ目の口座の上限額を1000万に設定する事が出来ました。こちらは出された用紙に上限額を記入するだけで、後は窓口の人が手続きをしてくれます。

次に口座の使用用途を記入します。

こちらは簡潔な内容で、

  • 生活費
  • 事業費
  • 給与
  • その他

のどれかにチェックを入れるような祇でした。(もしかしたら住所も書いたかも)

後は手打ちで暗証番号を設定して、印鑑を押印。銀行口座の開設では最初にデポジット(預り金)として100円程入金を促される事もありますが、「0円でも可能ですよ」としっかり説明してくれました。ただ、通帳をすぐにATMで試したかったので、まず100円を入金しておくことにしました。

郵便局によっては必須と説明する人もいるようなので、とりあえず小銭を財布に入れておけば問題ないと思います。

後は係員の方でPC端末をなにやら色々と操作して、僕はそれを待つだけ。数分後、無事通帳が発行されました。キャッシュカードは後日郵送になるとの事。大体長くて1週間くらいで家に届くらしい。

窓口を出た後、ATMでしっかり通帳が使える事を確認して、ゆうちょ口座の開設は終了!

そこまで苦労をすることは無かった

正直、ゆうちょ口座を2つ作れるか最初は不安でした。

「ゆうちょ口座 2つ」とかで検索してみると、TOPに出てくる記事が2013年のものとはいえ、2つ作れるかは局の人のさじ加減次第みたいな内容だったので…

ただ、いざ申請をしてみるとかなりあっさりといった印象でしたね。

使用用途を記入する際も、自分の場合は事業費にチェックを入れて、「今の口座を生活費用に別けて、新しく事業用の口座を作りたい」と言うと「あーそうなんですねー(朗らか)」みたいな感じで根掘り葉掘り聞かれる事はありませんでした。

スーツで出向いたのが良かったのかもしれない(自意識過剰)

※マジレスするとただの仕事帰りです

これでアフィリエイト用の口座は準備完了。

情報の鮮度を見る

今回自分が行った事は2つめのゆうちょ口座を作る事だけでしたが、なぜそんな事を今更記事に書いているかというと、冒頭の通り、検索で引っかかるページがあまりに古いのでなんとか新しいページを作れないかなと思い執筆に至りました。

また、アフィリエイト用と言わずとも様々な目的で複数の口座を作って置きたいという人は多いのではないかと思います。ヤフオクとか口座振替とか、後は奨学金のリレー口座とかでもゆうちょ銀行はお世話になりますし。

今回の情報が皆さんの役に少しでも立てればと思います。