知識が無くてもアフィリエイトは出来るとか言ったやつ~www

シェアする

いきなり壁にぶちあたるの巻、というか壁しかないの巻

勉強の日々

なんというか、いきなり色々なアフィ講座サイトに喧嘩を売るようなタイトルになってしまったのですが、そういうつもりは無いです。とりあえずこのチラ裏にしかならなそうなサイトを作成してから3日が経過しましたが、実は未だにASPの申請すら始まっていません。

一体何やってたの?と言うと、そもそもWordPressに触る事も独自ドメインを取得するのもレンタルサーバーを借りるのも全てが初ですから、とにかくネットで調べて実践→ネットで(ryの連続でした。仕事も忙しいし…。そんな苦労の連続で、なんとか当サイトを立ち上げて、こんな駄文を書くところまでは漕ぎ着けた訳です。

名付けに一番時間を費やす

こう書くとアホっぽいかもしれませんが、一番時間が掛かってしまったのがドメイン名を考える所でした。”golata(ごら太)”というHNを考えるのにも、最初は結構悩んだりしました。

まず、namechkというサイトを使ったり実際にgoogle先生で検索してみたりしながら

  • あまり被らない
  • ある程度短い
  • スマホでもPCでも打ちやすい
  • 声に出しても名前として不自然じゃない
  • 初見でも男だと解る(個人的なこだわり)
  • 外国人にも発音しやすい(個人的なこだわり)

これらを満たす名前を考えてたら一晩掛かってしまいました。まず、あまり被らず、かつ短い名前のドメインというのが難敵で、大抵短い文字列のドメインは既に取られてる可能性大ですから。ならばもう自分のハンドルネームをそのままサイトのURL(ドメイン)にしてしまえば短くも出来るしこれでええか、となりました。(ついでに名前も覚えてもらえるし)

そこからはある程度すんなりと事が進みました。

  1. フリーのメアドを取得する
  2. ドメインを取得する
  3. レンタルサーバーを契約する
  4. WordPressをインストールする
  5. WordPressのテーマとかタグとかパーマリンクとか色々設定
  6. 自己紹介文を書いてみる
  7. 今に至る

これをこのサイト自身とアフィ用のサイトで同時に準備していました。

知識が無くても出来るとは言うが

僕は遠いとおーい昔に無料のホームページサービスでとあるサイトを作った事があります。なので厳密にはサイト作り童貞ではありません。(もうそのサイトは閉鎖してしまいましたが)なのでHTMLタグの使い方や記事の作り方は少しだけ知識がありました。僕が初っ端から苦戦したのはWordPressやサーバー画面のインターフェースでした。どんなに知識があっても、やはり初めて触る機械や機能とは格闘と勉強の毎日です。むしろむかーしの画面とは全く使い勝手が違うので、どこに何の機能があるのか全く分かりません。

「バックアップってどこから取るんだ?」

「そもそもログインの画面どこだよ」

「そういえば.cssファイルのいじり方ってどうやんだっけ?」

こんな疑問と日々格闘&勉強です。今って本当にいい時代になりました。ネットを使って答え合わせも調べ物も簡単にできますし、それらのサイトが無ければこのサイトはありませんでした。感謝しかありません。

ただ、ネットでアフィリエイトについて調べてみると、明らかに自分が今体感している現実とはあまりにかけ離れた謳い文句でアフィの宣伝をしている所もちょくちょくあったりします。「稼ぐ」って魔法のワードですよね。もうそれだけでお金が目の前に見えるような魅惑の言葉です。その裏ではちゃんと相応の苦労をしているはずなんですが、特に画面とにらめっこするネット環境だと、どうしてもそういう意識が薄れて稼ぐ事の正の部分しか見えなくなる事もあります。まあ、今回は「WordPressといえども初見でそんな上手くいく訳ないぞ!」という事を書きたかっただけなので、そこら辺はまた機会があったら書いてみようと思います。

もっと言うと、上記で書いたドメインの取得の方法とか、レンタルサーバーの選び方とかも、しっかりネタとして吸収して記事にできたらいいのですが、こんな所よりずっと丁寧で分かりやすくて記事数も多いサイトがごろごろあるんで、そちらをご覧下さい。ようするにggrksというやつです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク