クレジットカード無しで独自ドメインとレンタルサーバを契約する手順

むしろお得になる可能性すらあるかも

世はIT全盛期。特にネットショッピングやネットサービスは市場拡大の一途をたどっています。それにつられてオンライン決済も当たり前のように目にするようになりました。そしてオンライン決済で最もメジャーな決済方法はクレジットカード決済(以下クレカ決済)でしょう。少なくとも僕はクレカ決済に対応していないオンライン決済をほとんど見たことがありません。

そしてインターネット上でブログを運営する上で欠かせないドメインの購入やレンタルサーバの利用料金の支払いもまた、クレカ決済で行っている人がほとんどではないでしょうか。

ところが僕はブラックリストに載っているため、クレジットカードを持っていません。

私ごら太の黒歴史を知りたいという物好きな方は続きをどうぞ

でもこうしてブログで駄文を書きながら仕事を行なっています。

今回は『クレジットカード無しでも』をモットーに、

  1. ムームードメインで独自ドメインを取得
  2. レンタルサーバ『MixHost』を契約

上記を達成する手順を紹介します。

ただし、各々の手順に関してはより詳細丁寧に解説しているサイトがGoogleから湯水の如く湧いてくるのでそちらを紹介します。

あくまでも、一般的にクレカが無いとできないと思われている部分を「そうじゃないぞ、あきらめるな!」という旨で書いていきます。

要するに他力本願全開です

▼ムームードメインの詳細はこちら(広告)
年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

▼MixHostの詳細はこちら(広告)
月額480円からの高速LiteSpeed採用クラウドレンタルサーバー

用意するものとか手順とか

まず、『クレジットカードが無くても』という題材で代替案として出てくる主なアイテムを挙げてみましょう。

  • デビットカード
  • プリペイドクレジットカード
  • 口座振替
  • PayPal

今回使うのは上記のうち、『プリペイドクレジットカード』と『PayPal』の合わせ技です。

『これだけは最低限必要』なもの

  • LinePayカード(←今回の主役)
    →必然的にLineアプリとLinePay登録も必要になります
  • Paypalアカウント
  • 独自ドメインを購入・レンタルサーバを契約できる程度の現金

上二つに関しては無料で登録・作成できます。独自ドメインとレンタルサーバはさすがにタダという訳にはいきませんので、これだけは出費を覚悟して下さい。

Line Payカードとは

引用元:Line Pay(https://line.me/ja/pay)

『Line Payカード』とは、『Line』が提供している電子決済サービス『Line Pay』にJCBブランドが付いているプリペイド式クレジットカードです。

プリペイド式なので審査無し・無料で申し込めます。

もっというと、『Line Pay』自体はLineをスマホにインストールしていれば誰でも持てます。

皆さんLineって使ってます?通話アプリとして日本ではかなり有名なやつ。(主観100%)
僕はもう日頃からお世話になっています。友達全然いないけど。

じゃあ何に使ってるの?というと、『Line Pay』のために使っています。

Line Payカードを入手する

それでは『Line Payカード』を実際に入手しましょう。入手までの道のりはこちら↓

  1. Lineをインストールする
  2. Line PayをLineから設定する
  3. Line PayカードをLineから申し込むorコンビニとかに売っているカードを購入する
  4. 手元のLine PayカードをLineに登録する

箇条書きで簡単に書くとこんな感じです。

下記のサイトにご丁寧な説明があるので詳しくはそちらを御覧ください。(他力本願その1)

LINE Pay(ラインペイ)は、LINEの友だち同士で送金したり、お店での決済やネットショッピングの支払いに使ったりできるモバイル送金・決済サービスです。当初のLINE Payカードから最近はコード決済を中心としたポイント還元の拡充がはかられ、またLINE Payが使える加盟店も広がりをみせており、LINEポイントも...
簡単で安全な決済のための新しいデジタルウォレット

ふたつだけ書いておくとすれば

『Line Pay』には『Line CashとLine Money』という二つの『状態』があります。
(名称の違いがわかりづらい)

状態現金の出金要するに
Line Cashできない権限が弱い
Line Moneyできる権限が強い

ドメイン購入とレンサバ契約するだけなら初期状態の『Line Cash』で問題ありません。
なので『Line Money』にするための本人確認とかメンドーな部分は省いちゃっていいです。

もうひとつ、Line Payカードは店頭購入とWeb申し込みの二通りの入手方法があると書きましたが、2017年11月現在、店頭の在庫はかなり少ない状態です。確実に欲しいならWebで申し込みましょう。

PayPalに登録する

『Line Payカード』が一通り使えるようになったら次は『PayPal』の登録です。こちらもパソコンやスマホから簡単に登録できます。Web上で行う一般的な会員登録と手順はほぼ同じです。

PayPalとは

簡単にいうと、いろんな電子決済を代行してくれるサービスです。

普通にネット上で通販やオークション、サービス代金の支払いをするとクレカ情報とかメアドを入力する事になると思います。

そんな時に「個人情報あっちこっちに入力するの怖い」という方のためにPayPalが仲介・代行してお守りしますよってサービスです。

世界最大のオークションサイト『eBay』等で使われる、世界的にはかなり有名な決済サービスなのですが日本での普及・知名度はイマイチ低そうに見えるのが残念…。

でも下記で紹介する『MixHost』ではこの『PayPal』を利用しないとJCBのクレカが使えないので、今回は登録してみましょう。

なお、説明とか手順は例によって他サイトにぶん投げます。(他力本願その2)

このページでは、PayPal(ペイパル)のメリットとデメリット、登録(アカウント開設)方法や使い方などをまとめています。 目次1 PayPal(ペイパル)とは2 PayPalのメリット2.1 クレジッ ...

後は普通に契約・購入していくだけ

『Line Payカード』と『PayPal』の登録が終わったら、後は普通にドメインの購入、レンタルサーバの契約を行っていくだけです。

さもクレカを持っているかのように手順を進めていくだけです。例えば、

レンタルサーバーのMixHostでドメイン登録をし、WordpressをインストールしてサイトをSSL化する全手順を紹介します。MixHostは、高性能・高速・高安定でおすすめの共用サーバーです。

上記は『寝ログ』を運営しているわいひら氏の記事です。この記事などで「クレジットカードを使用する」部分をLine Payカードで行うだけです。

MixHostの月額利用料に関してはPayPal支払いを利用します。
(欲を言うと早くJCBに対応して欲しい)

色々と疑問があるかもしれないので以下回答

ここまで進めてきて、「いや、ここはこうした方がいいんじゃね?」とか、色々と疑問が浮かんでくる部分もあると思うので以下回答していきます。

そもそも『Line Payカード』じゃないと支払えないの?

他のデビットカードやプリペイドクレジットでも可能です。でも多分中には支払いに使えないカードもあると思います。「多分」と付けたのは単純に僕が『Line Payカード』以外での支払いをほとんど試していないからです。

僕が試した中では、『ムームードメイン』と『お名前.com』でのドメイン購入で、

  • 『Line Payカード』(JCB)
  • 『Visaデビット付キャッシュカード(ファミマTカード)』(Visa)

上記二つは使えました。

他にも○○は使えたぞ!という情報があれば教えてぜひ欲しいです。

Visaデビットカードだけで完結するんじゃない?

『PayPal』に登録する必要性は『MixHost』がJCBに対応していないからです。つまりVisa
ブランドのデビットカードがあればPayPalに登録する必要はありません。

それでもなお『PayPal』に登録するというワンクッションを追加してまで『Line Payカード』を使う事を推奨する理由が二つあります。

家計簿アプリや会計サービスとの連携ができる

一つ目の理由は家計簿アプリの『Zaim』や、クラウド会計の『MFクラウド会計』と連携できる点です。

カードなら普通じゃない?と思うかもしれませんが、これがプリペイドクレジットやデビットだとかなり限られるのです。

しかもプリペイドクレジットは『MyJCB』や『vPass』といったカード情報照会サービスに対応していないものも多いので、(Line Payカードは対応していません)上記のように連携できるかどうかで管理の手間がかなり違います。

実質2%という還元率が単純にお買い得すぎる

『LinePayカード』は100円毎の利用で2ポイントの『Lineポイント』が貯まります。月額利用料の支払いだろうがリアル店舗での買い物だろうがネット通販での買い物だろうが『PayPal』経由の使用だろうが、とにかく使えば『Lineポイント』が貯まります。

そしてこの『Lineポイント』は1ポイント=1円としてLine Payにチャージ・還元できます。

つまり全ての商品・サービスが実質2%引きみたいなものです。

クレジットカードまで視野を広げてみても、2%というポイント還元率を誰にでも提供できるカードはほぼありません。「誰でも持てるカード」としては最高還元率です。

僕の場合は1ヶ月の使用で平均500~700ポイント位は平気で貯まっていきます。底辺安月給を自負している自分のような生活でもこれだけのポイントが貯まっていきます。そしてそのポイントを使ってドメインやサーバの年間使用費を賄えちゃいます。

まとめ

今回の手順は僕がこのブログを開設・運営する手順をそのまま書き起こしたものです。参考サイトも、僕が実際に参考にしたサイトを載せています。

無料でブログを開設する方法とかは色々な情報が簡単に見つかるのですが、やっぱり今日、お金を少し掛けてでもレンサバとWordPressでブログを作った方が安牌なのかなという事で、
ブラック入りな僕が底辺なりに頑張った軌跡です。

普通にクレカ持っている人は決してこんな軌跡は辿らんだろうという軌跡ですが(笑)

それでもこんな底辺用備忘録が少しでも当サイトを訪れた方のお役に立てればと思います。

▼MixHostの詳細はこちら(広告)
月額480円からのパワフルで高速なクラウドレンタルサーバー

▼ムームードメインの詳細はこちら(広告)
ムームードメイン

▼MFクラウド会計の詳細はこちら(広告)
クラウド会計ソフト「マネーフォワード」