3ヶ月間サボって何が変わったかを書きます

お久しぶりです。

大変でした(個人的に)

3ヶ月もサボりました。3ヶ月間何も出来ていません。比喩表現とかでもなんでも無く、本当に何も作業をしていませんでした。もっと言うと5月くらいからこの兆候はあったので、正確には4ヶ月以上何もしていません。タイトル詐欺です。

きっかけは本当に些細な事だったと思います。偶々1日サボった、とかそんな感じです。でもその1日で、いきなり「作業をする事が億劫になった」感覚に襲われました。最初はこの感覚を五月病とか言っていました。

ところが、5月が明け、梅雨が明け、夏が到来しても僕のやる気は到来しませんでした。

久しぶりの今回は「感覚」のお話です。

悪化する

この頃になると第二症状として、今更サイトを更新しても遅えよなーとか、どうせGoogle様からは見向きもされないだろうしなーとか、今更どの面下げて更新すればいいんだろうとか、

作業する事が億劫になった→更新する事が怖くなってきた

という風に悪化していきます。更新が止まった自分のサイトを見る事が怖くなります。そうなるとこれがとても曲者で、もう管理画面にたどり着く事すら困難な状況でした。

こんな感覚は本当に初めてで戸惑いました。更新しなきゃと思うと、急に体がパソコンに向かう事を拒否します。本当にこんな感じです。どう説明していいか分かりませんが、最初はただのビビりだとかサボり癖の極みだとか余り重く考えていなかったのですが、このレベルになるとちょっと危機感を覚えました。このままでは本当にマズいと思いリハビリを始めます。

他のアフィブログを訪れる

最初のリハビリは他のアフィサイトやブログを巡回する事でした。今時アフィサイトなんてありふれているので、勝手に見て回っているものですが、その中でもアフィ収入を公開しているサイトや、いかにもWPで作成したアフィサイトですよ!みたいなサイトを中心に訪れました。自分のサイトを見るのが怖いので、他人のサイトを見て感覚を戻そうという感じです。

他にもASPの画面をただ眺めるだけだとか、twitterで他の人のつぶやきを眺めるだけだとか、本当に眺めるだけの日々でした。

今こうして文章を書いていますが、書く速度もちょっと遅くなっています。前までは1000文字書くのに1時間も掛かっていません。

それでも辞められませんでした

未だに倦怠感みたいな、そんな感覚は抜けきっていません。この管理画面と向かい合うのも久しいので勝手が分からなくなっていました。プラグインの更新やらスパムの確認やらをすませて、執筆画面を見て、やっと今です。無様ですが、なんとか戻って来れました。

寝る前になると、ブログのネタになりそうな事を考えだしたりしました。それで寝不足になったりもしました。常に頭のどこかでは「これブログにしたら面白くなりそうだな」という思考がありました。自分が使っているレンタルサーバはMixHostのエコノミー3ヶ月プランなのですが、契約更新の案内が来ていたので料金を支払い更新しました。

こうして見るとアフィやめる気なんてさらさら無いですね。でも更新するのが怖い感覚もまた本物で、更新したい気持ちと逃げてしまいたい気持ちが同在するという感覚は気持ち悪かったです。それも今から少しずつ修正している真っ最中です。

やる気の心理的なバランスを保つ事がとても難しい事を痛感しました。最初の僕は余りにも躍起になり過ぎてオーバーワークになりました。それでは保たないと思い、無理をしない事を意識したら、今度は自分に甘くなり過ぎてしまい、大きなミスを犯しました。

何かを継続する事はとても大変なのだと実感します。たった3ヶ月すら難しい…。

3ヶ月サボって変わった事

  • 執筆速度がヤバイくらい遅くなった
  • A8.netで提携していたプログラムが「お前のサイト更新ねぇから」と一部終了した
  • 周りが少しずつ稼ぎだした(僕の収入は変わっていません)
  • キーボードが変わった

こんな感じです。たった3ヶ月ですが、環境は変わっていくんだなと思いました。でも良くなったのはキーボードくらいで、他はむしろ悪くなりました。(当たり前ですが)

最後に

ずっと更新をサボってしまいすみませんでした。黙って消えたりはしませんという決意表明のおかげでなんとか戻ってこれた感じです。

あるっちゃあるけど体はひとつしか無い訳で

GoogleAnalytics等の解析を見ると、こんな更新が止まったサイトにも訪れている人が居たようで、しかも新規の方だけでなく2回目の人まで居たというのだからネットは侮れません。そんな人に更新の止まった死体みたいな有様のサイトを見せるのはマズいと思いました。

とりあえず、各々のサイトのメンテから始めますか…。