Amazonアソシエイトに合格したので備忘録書きます

ハンパない既視感。

やっと合格しましたよAmazonアソシエイトプログラム。

このサイトは落ちたけどね!(o*・ω<)oキラッ.+:。゚.+:・

申請時のサイトの状態

サイトジャンル雑記ブログ
サイトを立ち上げてから1ヶ月ちょい
記事数5記事
1記事あたりの文字数平均で1200文字くらいだけど
300文字しか無い記事も有
画像は使ってた?まあまあ使ってた
他にアフィリンク貼ってた?あまり貼ってない
外部リンクとか貼ってた?バンバン貼ってた
Twitterの埋め込みとかしてた?あまり引用してない
サイト作りで気を使ってたとこは?更新頻度は最低でも週一

気まぐれ審査なAmazonさん

いやーそれにしても、今までアソシエイトの審査で悩んでいたのは何だったのかというくらいあっさりさっくりスピーディーに通ったんです今回。

ASPにしてもAdSenseにしてもそうなんですけど、この「審査」って本当に謎が多くて、

  • 記事数は最低でも10以上!
  • 文字数は1000文字を目安に!
  • 使用する画像は著作権に注意してなんたら!

という感じに、合格するためのコツみたいなものを教授して下さるサイトも、結局最後は

  • 合格目指して頑張りましょう!
  • 審査に受かるかもしれません

という風な言葉で締められます。合格を保証する事はできないんです。でもそれはその記事が悪いのではなく審査基準が謎のベールに包まれているからです。仕方ないのです。

今回のサイトなんて審査に提出した時点じゃ5記事です。しかも300文字程度の殴り書き記事が含まれていました。でも合格するんです。なんだそりゃ。

審査に使うアカウントに優劣があるという噂について

あくまで噂、つまり確証の無い情報です。

審査用に使用するアカウントによって、同じドメインでも「合格しやすい」という噂はあります。

僕は前回の審査で、Amazonアソシエイト用に新しくアカウントを作り直し、そのアカウントで審査を申し込みました。結果落ちましたけど。

そこで月日を待って、今度は自分が7年前から使用し続けている個人用のアカウントでAmazonアソシエイトに申し込んでみました。ついでに新しく立ち上げていたサイトも一緒に申し込んでみました。結果合格です。

もちろんアカウントの違いで審査に差が出るという証拠はありません。

でも前回の審査は提出から2日後に結果のお知らせメールが来たのに対して、今回は4時間と爆速です。ここさえクリアしていればOK!みたいなポイントがあるのか?という勘ぐりはちょっとしちゃいます。

今回のまとめ

  • 5記事でも合格できる!
  • クソみたいな記事が含まれていても合格できる!
  • 爆速で審査が終わることもあればまあまあ放置されることもある

結構滑り込みセーフになりましたが、1月に立てていた目標を達成できました。

でも肝心のこのサイトはまだ合格していないので、また少ししたら再度申請してみたいと思います。目指せ三度目の正直。